【資産1000万円への道】20代男子の貯蓄公開【2023年12月】

我が家の貯蓄計画

こんにちは、おさかなです。

今年から【資産1000万円への道】と題して、私自身の貯蓄状況を毎月公開していきます。毎月どのくらい出費しているのか、それはどんな品目か、いくら収入があるのか…。

今年から新NISAが始まりますので、資産形成により一層力を入れて、どのくらいのペースで進めていけるかをプロットしていきたいと思います。

いつまでに目標金額達成するか

目標金額1000万円には2027年12月までに達成したいと考えています!

無リスク資産(現預金・債券):リスク資産(投資信託など)=200万円:800万円

最終的にはこのくらいの比率になるように年に一回程度はリバランスをしていきたいと思います。

12月末の資産内訳

合計金額は「3,079,683円」でした!

無リスク資産(現預金・債券):リスク資産(投資信託など)=210万円:95万円

預金・現金・暗号資産株式(現物)投資信託債券
2,027,570円3,675円948,438円100,000円

1月から開始する新NISAに向けて現預金の比率を多めにしています。
来月には生活防衛費として60万円ほどを残して、リスク資産の比率を高めていきたいと思います。

【私の生活防衛費】

生活維持のために必要な金額を15万円/月として、3か月を生活防衛費として考えています。
浪費や投資を行う際にはこの生活防衛費は必ず現金として確保したうえで貯蓄を行うことを、マイルールとして定めています。

15万円×3ヵ月=45万円

3か月分と比較的低めに設定しているのは、以下の理由でリスクが抑えられていると考えているからです。

  • 共働き夫婦であること
  • 妻もほぼ同額の資産状況で、現金比率が8割と高いこと
  • 夫婦ともに本業の業績が不振でないこと(安定していること)
  • 副業収入を得ていること

目標達成までの道のり

目標達成まで残り700万円です。

2027年12月まで残り4年0か月、それまでに1000万円を貯蓄するには、

2024年は175万円貯蓄することが目標となります。

今月の家計簿公開

【固定費】

【変動費】

【収入】

品目金額
住宅関係 ※1214,651円
県民共済2,500円
iDeCo10,000円
合計227,151円
品目金額
食費47,531円
交際費11,338円
日用品5,970円
趣味・娯楽12,400円
交通費8,120円
合計85,359円
品目金額
給与手取り427,270円
副業収入65,066円
合計492,336円

※1・・・家賃・駐車場代・光熱費・水道代など生活するために必要な支出をまとめて記録。
※2・・・旅行やショッピングなど自由に浪費を行うための積立貯金。

今月の収支は「+179,826円」でした!

家賃の更新手続きが必要だったため住宅関係の出費が大きくなってしまいましたが、年末調整や副業を含めて収入が大きかったので資産増額の方向にできました。

翌月の貯蓄および出費に関するイベント

出費に関するイベントは次の通りです

  • 新年会
  • 家賃更新に係る出費
  • 妻の誕生日

貯蓄に関するイベントは次の通りです。

  • 新NISA
  • 資格取得金

まとめ

ご覧いただきありがとうございます。

毎月の資産状況と収支内訳に関して記事をまとめていくことで、私自身の資産形成モチベーションを維持しつつ、見ていただいた方の参考になれば幸いです。

収入-支出=貯蓄

この方程式がシンプルな大前提です。貯蓄を大きくできるように支出を小さくし、資格取得や転職・副業で収入の増大を狙っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました